「奥様は、取り扱い注意」9話ネタバレ(あらすじ)と感想です。
安西と連絡を取り、会うようになった優里は家庭と安西どちらを選ぶのでしょうか。
渉の浮気を疑っている京子は浮気を突き止めどんな決断を下すのか。そして、菜美は勇輝の嘘を見破ることはできるのでしょうか。

「奥様は、取り扱い注意」9話ネタバレ(あらすじ)

優里は啓輔の顔を見ることさえ嫌になってしまっていました。この生活が息苦しく、時間を作って安西くんと会うようになっていました。
帰りに優里は卜部と出逢い、挨拶を交わして家へ帰ります。

そして、その夜卜部は自殺をしてしまいました。その原因は横溝の主婦売春にあるようですが、遺書が無いため自殺で片付けられてしまうようです。
その時、横溝は菜美とすれ違い、2人は見合っていました。

菜美は家に帰ると勇輝が話があると言い出し、転勤でドイツに赴任することになったと言います。勇輝は菜美も一緒に行ってほしいとお願いし、前向きに考えると返事をしました。

京子は家で姑に明日の夜、出かけると言います。姑は素直に受け入れ、渉には残業だから関係ないと嫌味を言います。

翌日、菜美はクリーニング店の小雪に旦那の身辺調査を依頼します。菜美は一目惚れをしたと小雪に言うと、それはやばい。と答えます。不都合なことに目をそらして暮らす方が幸せだと小雪は付け加えますが、それでも菜美は調べてほしいと依頼します。

その夜、京子は渉の尾行を開始しました。京子は見えるところから連絡を送りますが、ものすごく嫌そうな顔をして返信をする渉がいました。その後、渉の不倫相手が来ると、渉は表情を変え、嬉しそうな顔をして彼女の元へ行き、そのまま2人はホテルへ入って行きました。

家に帰った渉はものすごく楽しそうな顔をしています。それに比べ、京子は辛い表情を見せますが、心配はせず寝室へ行きました。

その頃、菜美に小雪から連絡が入り、勇輝には何もなかった。会社も健全だったと伝えて電話を切ると、そこには勇輝の姿がありました。勇輝がそう伝えるよう小雪に説得していました。

勇輝は家に帰ると何もなかったように話をし、菜美はドイツに一緒に行くと言いました。

翌朝、京子はなみあに声をかけ、優里と3人でお茶をします。京子は渉が浮気していたことを打ち明け、そして強がります。菜美はこれからどうするのかと聞くと京子は自分にも原因があると言います。渉と結婚したら、自分に無いものが手に入ると思い結婚した、京子も渉を利用したと伝えました。それでも渉の笑顔を誰にも渡したく無いと思ったと言い、もう一度渉と話し合うことを決めました。

夜、渉が家でご飯を食べている時に京子は残業は辞めてと言い出しました。
しかし、意味がわからないと渉は言い、部屋を出ようと扉を開けると、そこには姑が立っていて、座りなさいときつく言いました。
家をおろそかにする男は家から出て行くのがこの家のしきたりだと姑が渉に伝え、今すぐ出て行けと言い、渉は出て行ってしまいました。
そして姑は早く子供を産んで母親になれと京子に伝えます。

金曜日、優里は安西と会うため、初めて会ったレストランに足を運びます。安西がキスを迫りますが、優里は止め、今日はもう会えないと伝えに来たと伝えます。
それでも求める安西に優里は応えてしましました。しかし、優里はさようならと言ってレストランを出て行きました。

京子はスーパーで優里を合コンに誘ったお友達に逢い、優里とも前にランチをしたから今度一緒にしようと京子に声をかけました。

勇輝は職場のパソコンから菜美のことを見張っていました。

その夜、優里の食が進まずにいると、啓輔は具合が悪いのかと言い出し、クリスマスになったら家族で旅行をしようと提案します。

京子は姑に渉が帰ってこなかったらどうするのかと聞くと、その時はその時だと言言い捨てられてしまいました。

翌日、菜美と京子と優里は一緒にランチをしながら理想の夫婦とは何かを話し合っていました。とても楽しいランチ会でしたが、これが最後になりました。

優里は家に帰るとすぐに安西に電話をかけ、話があると呼び出しました。昨日のことは忘れてほしいと話している時に、横溝が出てきて昨日の出来事は録画させてもらった。と言い出しお金を要求します。しかし、家庭を犠牲にすることはできないことは知ってる。だから、体を売るようにと要求してきました。小雪は菜美からの連絡を受け、着替えて菜美と会います。菜美は全て話してほしいと伝えました。

見逃しはHuluのキャンペーンで!!
Hulu(フールー)今だけ無料、タダで動画を見てしまおう!

 

「奥様は、取り扱い注意」9話感想

優里は安西と会っていましたが、心は動かず必ず家に帰る。そして、最後まで家族を思う気持ちは変わりませんでしたが、一度の過ちがとんでもない方向へと進んで行きそうです。夫婦とは一度でも過ちを犯すことは許されないと私は考えています。
京子も浮気をされても渉と一緒にいたい。と思えるくらい渉のことを強く思う想いを、ずっと忘れずにいてほしいし、渉にも京子のまっすぐな気持ち、気づいてほしいと思います。

そして、菜美は何を知るのでしょうか。勇輝は何を隠し、なぜドイツへ行くと言い出したのでしょうか。勇輝の本性が読めません。監視している。ということは、菜美のこれまで数々の事件を解決してきたことを知っていたのでしょうか。今後の2人がどんな展開になるのか、気になります。

 

「奥様は、取り扱い注意」10話あらすじ

菜美は愛する旦那の本当の姿を小雪から知らされた夜、これまでに無い夫婦喧嘩が勃発します。自分の全てを尽くした死闘の中で、お互いの愛を再確認した2人は、一時休戦します。
任務のために菜美に近づきましたが、本気で菜美のことを愛してしまったと勇輝は打ち明けます。そして、普通の主婦として、ドイツで暮らすことを提案します。
しかし菜美は、お行儀の良い、見せかけだけの未来を受け入れることはできません。

そんな中、優里は久々に啓輔の思いやりに触れます。そして、横溝との対決を決意します。
しかし、横溝は自分に服従している主婦たちの前で優里に暴力を振るい、優里は入院をしてしまいます。菜美は勇輝に、これからも2人が夫婦でいるため、優里の事件を黙殺するようにと忠告されてしまいます。しかし京子から、優里が佳子と接触をしていたことを聞いた菜美は、事件の真相を明らかにするため、動き出してしまいます。

優里は菜美に自分のしたこと全てを伝えます。親友の幸せん守るため、菜美は横溝への復讐を決意します。
しかしそれは、菜美と勇輝の幸せの終わりを意味していました。

まとめ

奥様は、取り扱い注意9話ネタバレ(あらすじ)と感想はいかがだったでしょうか。幸せだった家庭が一軒づつ壊れつつある。そんな状況が目に見えることで、どう解決したらいいのか、どう向き合えばいいのか、これから2人はどうなってしまうのか。気になる回でした。
改めて奥様は、取り扱い注意9話ネタバレ(あらすじ)と感想を読んで、勇輝の正体は何なのか、それぞれの夫婦は幸せん取り戻すことができるのか、見逃せません。

 

【スポンサーリンク】

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。