「コウノドリ2017」の4話はトーラックの選択に注目が集まりましたね。
そして、吾郎(宮沢氷技魚)の心の変化がありましたよ。

もし、「コウノドリ2017」の4話を見逃したあなたへ動画を見る方法をお伝えします。
そして、ネタバレ(あらすじ)と感想も紹介していますので、ゆっくりご覧ください。

蓮は帝王切開の後の自然分娩、トーラックで子供を産むことはできるのでしょうか。食い違うサクラと四宮の意見とは。
そして、産科医に興味のなかった吾郎は、これを機に何か感じるものはあるのでしょうか。

 

「コウノドリ2017」4話の動画を見るにはdTVがいい!!

 

「コウノドリ2017」4話の動画を見逃がしたときのサービスはいくつかありますが、私が一番おすすめできるのが、dTVです。

dTVを契約することで、多少の費用はかかりますが、待ち時間やちょっとした空き時間を今までのように無駄に過ごしていたときから開放され、常に話題となる映画やドラマ、雑誌などの情報を常にチェックすることができます。

それによって、話題性のある人として接することが多くなり、これからの人生の中で多くの方への影響を及ぼす人物になりますね。

まずは、dTVは31日間の無料お試しキャンペーン中で、このキャンペーンをうまく利用しましょう!

無料お試し期間内に解約すればお金はかかりません。

 

dTVはこんなにお得なんです!!

・31日間と無料お試し期間が長い!
・120,000本以上の作品!選択できる動画が多い!
・VR(ヴァーチャル・リアリティ)作品が見れる!
・スマホに動画をダウンロードして持ち歩くことができる!
・月額500円の安さ!!
・ダウンロード視聴ができる!
・『コウノドリ2』が視聴できる!

とにかく、なんでもオールマイティに楽しみたいって方にはかなりおすすめです。
他のサービスに入ってしまったら後悔してしまうほど・・・

総合的に判断してもdTVが断然お得でおすすめです。

でも、やっぱりここは何とかしてほしいところもありますよ!

 

「コウノドリ2017」4話ネタバレ(あらすじ)、トーラックの選択!!

 

蓮(安めぐみ)は時計を見て、そろそろ帰ろう。帰らないと鬼に食べられるなどと脅し、子供を置いて帰ってしまいます。
家でも子供に強く当たり、自分で自分が嫌になります。自分は子供のことが愛せていないのではないのかと悩みます。
そこで旦那に相談し、できれば自然分娩で産みたいと言うが、何でもいいと軽く流されてしまいます。

その頃、吾郎(宮沢氷技魚)は病院で失敗を繰り返し、四宮(星野源)に産科の息子だからなどと愚痴を言われ、落ち込んでいました。

後日、蓮はペルソナを訪れ診察をします。トーラックを希望し、帝王切開の後の自然分娩で産みたいと、陣痛を味わわないと子供を愛せないと主張します。
しかしサクラ(綾野剛)は、リスクを伴い、赤ちゃんに脳の後遺症が残ったり、最悪の場合死に至るかもしれないと説明するが、それでもトーラックがいいと言い切ります。

その後の医師会議では、四宮は反対し医師にもリスクを伴うと言い捨てます。

NICUでは、かずひろくんの頭を撫でる母親が退院の日にちを気にしていました。白川(坂口健太郎)は何かあるのではと気にしますが、何も言わずに帰って行ってしまいました。

その頃、吾郎は父と電話をし、産科医の息子だから産科医になりたいわけではないと言い捨てました。

翌朝、かずひろくんの容態が急変し、両親に連絡をするが、両親は旅行に行っていると言われてしまいました。
白川は子供がこの状況で旅行に行くなんて考えられない、楽しいのかな。と悩みますが、今橋はそれでも両親の気持ちを理解してあげないといけない、育てて行くのでは自分たちではなく親だとアドバイスをします。

病院ではまた、医師会議が行われていて、蓮の話になりますが、新生児科も麻酔科も、四宮もみんなピリピリした表情を見せます。それでもサクラは、医者の手が足りないからってトーラックを断るのは根本が間違っていると主張し、蓮はトーラックでの出産をすることになりました。

後日、かずひろくんの両親が病院を訪れ、無事でよかった。と何かあっても先生たちがいるから大丈夫かな。と思って旅行に行ったという両親に、白川は夫婦で楽しむより家族で楽しむことを考えてください。と言い、次の旅行にはかずひろくんも連れて行ってください。とアドバイスをしました。

その数日後の朝、蓮は家で陣痛が始まりました。
家族で病院へ向かい、何時頃生まれるのか、間に合うなら屋形船に乗りに行こうと考えていると言う旦那に、小松(吉田羊)は屋形船?と驚きが隠せません。

吾郎は何故まだ切らないのか。その方が楽なのにと言うが、四宮は、頑張ってるお母さんに対して、切って産んでも本気でおめでとうと言ってあげられるのかと説得させます。

四宮に言われ、蓮の様子を見に行く吾郎は何かを感じ、蓮に付き添います。
夜が明けても赤ちゃんは産まれず、サクラは帝王切開を提案します。それでも蓮はまだ我慢できる、頑張れると主張しますが、お母さんにとっても赤ちゃんにとっても良くないとサクラは言います。

蓮の娘はもう頑張ってると泣き出し、旦那ももう帝王切開にしようと促し、帝王切開で取り出しました。

そして、小松は屋形船残念だったと旦那さんにチクリと言いました。

サクラは吾郎に前立ちしてみる?と勧めます。下屋(松岡茉優)に本気でやれと喝を入れられます。
サクラにアドバイスされながら吾郎はお腹を切り、赤ちゃんを取り出しました。

吾郎は赤ちゃんを初めて見たときの家族の顔は幸せそうで疲れが吹っ飛んだと笑顔で言います。
その夜、吾郎は父に連絡をし、何か嬉しかったと伝えます。

吾郎の最終日、吾郎はサクラに挨拶をし、たくさん経験を重ねたいと言いました。

 

U-NEXTの無料登録はこちら

「コウノドリ2017」4話の感想 トーラック希望が多い?

 

今回のテーマトーラックを希望する気持ちはわかる気がします。妊娠して、赤ちゃんを産むのだから、自分のお腹を痛めて苦しんで産む。本当によくわかりますが、自分と赤ちゃんと、少なからずリスクがあっても、トーラックを希望する妊婦もいるんだなと改めて感じました。陣痛を経験することも大切だけど、それよりも確実に赤ちゃんをお腹から取り出す方が、大切なのではないかな。と思います。
普通分娩でないと、子供に愛着がわかないということは絶対ないだろうし、普通分娩で生まれても、子供に関心がない人も残念ながらいることも、現実だから、産み方のせいにだけはしないでほしいなと思いました。

子供がお腹でなかなか元気に育たず、医師の力を借りて必死にしようと頑張っている赤ちゃんもいるのに、親が呑気に旅行に行くなんて、わたしには考えられない。と思いました。まだ産まれて間もないし、可愛くないわけがないのに何故平気で子供を置いて旅行に行けるのかと、白川先生と同じく腹が立ってしまいます。

これからは子供も連れて楽しい家族旅行に行ってもらいたいです。

 

「コウノドリ2017」5話のあらすじ!事前にチェック!!


瑞希は妊娠27週でサクラの元を訪れ受信します。診断の結果、切迫早産の可能性があり、急遽入院することになりました。同じく切迫早産で入院している妊婦、ひかるの病室に小松は瑞希を連れてきます。2人は同じ境遇ということもありすぐに意気投合し仲良くなります。しかし、瑞希の赤ちゃんに予測できなかった事態が起こります。

その頃、白川が見ていた赤ちゃんは、下屋が緊急帝王切開で取り出した、超低出生体重児の翔太くんでした。
翔太くんは早期に手術が必要になりますが、翔太くんの親は帝王切開になった経緯に納得しておらず、今橋に手術をしないと告げてしまいます。

赤ちゃんと一緒に生活していく家族のために、下屋はある行動を起こします。

 

 

まとめ

「コウノドリ2017」4話ネタバレ(あらすじ)と感想はいかがだったでしょうか。
子供の産み方で子供への愛情は変わるものだと感じますか?きっと、子供がお腹から出てくる方法よりも、お腹の中にいる間の時間の使い方によって、愛情は変わってくるのではないかと考えています。

「コウノドリ2017」4話ネタバレ(あらすじ)と感想を改めて読んでいただいて、医師の思いと妊婦の思いが必ずしも一緒ではないと言うことを感じることができたら嬉しいです。
最後まで読んでいただいてありがとうございます。