「奥様は、取り扱い注意」5話を見逃しましたね!
見逃したら仕方ありません。過去には戻れませんからね。
録画も忘れていたら5話の動画も見れませんので、見逃しても大丈夫なようにその方法をお伝えしますね。

「奥様は、取り扱い注意」5話ネタバレ(あらすじ)と感想も含めてお伝えします。
家出をすることを決めた菜美と優里と京子はどんな家出をして、どんな物語になるのでしょうか。菜美はどのようにして優里と京子を守り抜くのでしょうか。

 

もし「奥様は、取り扱い注意」5話を見逃したときの動画視聴方法

「奥様は、取り扱い注意」の見逃し動画視聴

「奥様は、取り扱い注意」の見逃したときの動画視聴方法は、こちらに詳しく書いていますので、確認して見てくださいね。

「奥様は、取り扱い注意」 見逃し視聴はこちら

 

この中でもおすすめなのが、

U-NEXT

 

 

やはり、金額は一番高いのですが、かなりのお得な条件が揃っていますので、満足行ける内容だと思います。

 

「奥様は、取り扱い注意」5話ネタバレ(あらすじ)

最近は優里(広末涼子)から誘われ太極拳へ行き始めた菜美(綾瀬はるか)と京子(本田翼)。その帰りに3人でお茶をしながら話をしていますが、優里は少し上の空なイメージに2人は声をかけますが、何もないと言い、帰って行きます。

2日後の日曜日、菜美は勇輝に買い物に行こうと誘うが何かと理由をつけて、勇輝(西島秀俊)は断ります。
しぶしぶ一緒に買い物に出かけても、興味もなく早く帰りたいオーラを出してきます。

その頃京子の家では、旦那さんを叩き起こし姑からの嫌がらせに疲れた京子は、子供を作るため、ラブホテルに行くと言い張ります。
京子が準備をして家を出ようとすると、旦那さんは先に出てしまい、また姑から嫌味を言われてしまいます。

そして、優里の家では旦那の部屋に入ると、旦那はノックをしろだとか、子供の水泳教室の送迎を頼むが、仕事だと断られ育児には協力しないと優里に押し付けます。
結局、優里は息子を水泳教室へ連れて行き、ボーっと何かを考えていました。

家に帰った優里は旦那さんに腹を立て京子と菜美と連絡をし、家出をするから付き合ってほしいと誘います。それに対して2人も乗り気になり、家出をすると置き手紙と携帯を置いて、出かけて行きました。

3人の旦那が気付いた時には遅く、旦那さんたちは話し合いを始めました。
始めは話はまとまらずきつい口調で言い合ってましたが、だんだんと妻が家出したこと、家にいないことに罪悪感を覚え、3人で妻の帰りを待つことにしました。

その頃菜美たち3人はご飯を食べて、そのまま優里の誘いでクラブへ向かいました。菜美と京子は躊躇いますが、優里に背中を押され入って行きました。

優里と京子は楽しく踊ります。そのあと2人は男たちに声をかけられ、人妻だと断り奈美の元へ戻ります。菜美は酔った京子のために水を取りに行き、優里はお手洗いへと向かいます。
その優里と京子の元へさっきの男が寄ってきて再び声をかけ、京子は酔って別室へと連れて行かれます。そのことに気づいた菜美は追いかけ、助けに行きます。

男たちに喧嘩を売りやっつけ、体を動かしてスッキリした菜美は、京子を助けて部屋を出ます。
優里は菜美と京子を探しに行くと、再三男に声をかけられ捕まっていると、菜美は急いで優里を探し助けに行きました。

夜中になっても旦那たちは集まり話をしていて、何がいけなかったのだろうと言う優里の旦那に対し、勇輝は妻ではなく、女として見て欲しかったのではないかと意見をします。

夜が明けて、菜美たち3人は酔いを覚ましてビルの屋上から朝陽を眺めていました。その時に秘密を一つ言い合おうとなり、京子はアイドルのオーディションを受けたことがあること、菜美は自分が孤児であること、そして優里は自分が乳がんかもしれないと打ち明けました。

3人はタクシーに乗り込み家へ帰りました。
家に着くと、旦那さんたちは何も言わずに家へ帰って行きました。

そのあと3人は、旦那さんを会社へ送り出し、優里の病院へ行きがんではなかったことを聞いて無事を喜びました。

「奥様は、取り扱い注意」5話感想

会社が休みになると、家でのんびりしようとする旦那さんたちの気持ちはわかります。しかし、平日家事をこなし休日は旦那さんと一緒に過ごしたい、少しくらい家事、育児を手伝って欲しいという気持ちは本当にわかります。仕事は休みでも家事も育児も年中無休だということをしっかり理解して欲しいと思いました。

旦那さんのことを嫌になり家を出て行った3人は危険を顧みず無邪気に遊んでいましたが、そういうこともたまには大切だなと感じました。

おおごとにならずに済んで良かったですが、旦那さんたちは探しに行こう、帰ってきてもらおう、自分たちが悪かったと反省することはなく、ただ帰りを待っていることに、私はもう少し心配して欲しいな。と思ってしまいました。

優里は癌かもしれないと不安になっていましたが、そんなこと簡単に打ち明けられない気持ちも、悩む気持ちもよくわかります。でも、人に言えたらスッキリするんだなと思い、何でも話せる友達がいて良かったなと感じました。

「奥様は、取り扱い注意」6話あらすじ

菜美と優里は、抜群の生け花のセンスを持つ姑を見返したいという京子に付き合いで、フラワーアレンジメント教室に通い始めました。京子はセンスが悪く悪戦苦闘していますが、菜美は不器用ながらも女性らしいセンスを発揮し始めます。

そんな中、教室で知り合った冴月から菜美は町の広報誌の取材を申し込まれます。

菜美は取材当日に冴月の家へ約束通りの時間に伺います。
すると、そこには冴月の友達、靖子と千尋がやってきます。菜美は帰宅が遅れると冴月から連絡を受けた2人に言われるままに冴月の家に足を踏み入れると、リビングに冴月の夫、達郎の死体がありました。

菜美は何者かが達郎を計画的に殺害し、自分はアリバイ作りに利用されたのだと現場を見て直感します。

翌日から菜美は第一発見者=容疑者の一人として捜査に協力することになりました。
勇輝とともに警察へ行き、当初、事件は開業医の達郎の資産を狙った強盗殺人かと思われていました。しかし、冴月には愛人がいた可能性が高いと発覚します。報道によると痴情のもつれによる殺人だと言われていました。菜美は冴月以外に殺人犯がいると確信し、冴月のアリバイも成立しましたが、噂が噂を呼び、街には殺伐とした雰囲気が漂い始めます。
これ以上菜美は、大好きな街が騒がしくなるのは我慢ができないと、真犯人の目星をつけ、自分の目で事件を解決しようとします。

まとめ

「奥様は、取り扱い注意」5話ネタバレ(あらすじ)と感想はいかがでしたでしょうか。
休日の過ごし方や、使い方は人それぞれですが、夫婦で使い方を相談して喧嘩をせずに過ごせたら、今回の事件は起こらなかったのではないかと思いますが、一夜をともにしたからこそ、女同士深い関係になれたと感じました。

改めて「奥様は、取り扱い注意」5話ネタバレ(あらすじ)と感想を読んでいただいて、いつでも自分の身は自分で守れるように気をつけないといけないと感じました。

「奥様は、取り扱い注意」 見逃し視聴はこちら

 

最後まで読んでいただいでありがとうございました。