「奥様は、取り扱い注意」3話のネタバレ(あらすじ)と感想を読むまえに、今回は悪者退治でかなりスッキリとしますよ。

3話のゲストは、青木さやか・相良貴子・清水理沙・小野ゆり子でした。
青木さやかのボスママはピッタリな役でしたが、真赤な口紅が気になり過ぎて笑いそうになったのを堪えるのが大変でした!!
では、3話のネタバレ(あらすじ)と感想をお届けします。

幼稚園のママ友からいじめを受けている理沙(小野ゆり子)が強くなる話で、菜美(綾瀬はるか)とどのように解決をするのか。そして、貴子(青木さやか)が持っていた悩みとは何なのでしょうか。

 

「奥様は、取り扱い注意」 見逃し視聴はこちら

 

 

 

「奥様は、取り扱い注意」3話のネタバレ(あらすじ)

菜美と優里(広末涼子)、京子(本田翼)は映画を観て楽しんでいました。
映画の後、カフェに行く途中に京子は菜美の卒業アルバムが見たいと言いだし、菜美は話をそらすためトイレに行くと逃げます。

トイレに向かう途中で、カツアゲをしようとしていた学生たちを見つけてどうしても素通りできません。注意をすると、「ひっこんでろ、ばばあ。」と言われ、頭にきた菜美は、数秒で学生3人を倒してしまいました。
カツアゲをされていた子にも、自分が強くならないといけないと教え、別れます。

この場面を一人の女性にスマホで録画されてました。(この女性が理沙です)

翌日、家の前で待ち伏せし、菜美の後をつけてきた理沙は、学生にやったことを動画に撮り脅してきます。

菜美は何が望みかと聞くと、理沙は「自分に喧嘩の仕方を教えてほしい、強くなりたい」とお願いをします。菜美が理由を聞くと、理沙は幼稚園のママ友からいじめを受けていると告白します。

嫌われた原因は、子供のサッカーのキッズスクールでポジションを奪い合い、理沙の子がレギュラーをとったからだと言います。

無視をされたり、連絡網が回ってこなくなったり、公園にも行けなくなったりと半年以上も続いていて、精神的にも限界だと理沙は言います。

なぜ喧嘩なのかと菜美は聞くと、いじめのボスは元プロレスラーでボスの前に立つと、何も言うことができない。今の弱いままだと、息子までも被害にあうかもしれないから、強くなって見返してやりたい。と告げました。

場面は、その夜の菜美の家
勇輝に今日は何かあったのかと聞かれ、理沙とあっていじめを受けている人がいると話を菜美がすると、できるだけ相談に乗って気持ちを軽くしてあげるようにと言われました。

その頃、京子は家で姑から旦那の帰りが遅いと言われ、残業だと言うと、本当にそうだろうか。早く子供を作らないと人の気持ちは変わってしまうと嫌味を言われます。

そして、優里の家では、「何か資格を取ろうと思う、働きたい」と旦那に相談すると、まだ早い、息子の教育にまだ手をかけてほしい、子供の将来より自分のほうが大事なのかと言われてしまいます。

翌朝、理沙が家を出ると「ゴミが分別されいません!」と張り紙がされてゴミが玄関先に置かれていました。またママ友のイジメです。

そのあと、理沙が息子を連れて近くの公園を通ると、そこではママ友会議が開かれていて、そこで理沙の息子が遊ぼうとするが、理沙はママ友からの視線を感じ、遊ばすことができずに逃げてしまいます。

その後、菜美が公園へ行くと、ママ友からどこに住んでいるのかと言われ、嫌味を言って帰ります。
そのまま理沙の元を訪ね、気持ちは変わっていないか聞き、絶対に喧嘩をしないことを約束し、簡単には折れない心と、いざという時に逃げられる強い脚を与えると菜美は言い、トレーニングの約束をしました。

翌日からトレーニングを始め、軽く走る始めると、理沙は「心臓がやばい、ゴリラに叩かれているようだ」と言い、心臓がぱきっと折れる音がした。と弱音を吐きます。
しかし、菜美は息子のためだとトレーニンを続けます。

15回目のトレーニングになると、走り方、腕立て伏せ、ボクシングの構え避け方などほぼ完璧になっていました。
なぜそんなに強いのかと理沙に聞かれた菜美は、世界が敵に見えていたから自分が強くならないといけなかったと言います。
でも今は運命の人と出会えて変わった。世界が優しく見えると菜美は言います。

勇輝に内緒でトレーニングをしていましたが、菜美は少し引き締まったのではないかと言われ、疑われてしまいました。

翌朝、菜美が家を出ると優里と京子が待っていました。トレーニングのことをなぜ内緒にしていたのかと聞かれますが、2人はちょうどストレスが溜まっていたから一緒にやりたいと仲間にはいってきました。
菜美は理沙に耳元でフィットネスジムでボクシングを教えていたことにしていると伝えます。

その頃貴子はテレビを見ていた息子にドリルが終わっていないからと叱ります。このとき夫婦間は冷めきっていて離婚の話の最中。
ちょうど、荷物を取りに帰ってきた旦那に家は渡さないと主張します。
「貴子はいつも正しくて強かったが、家は冷たくて息苦しかった」と旦那から言われてしまいます。結局、貴子は一度も私を信頼しなかったと言い息子と話をして、出て行ってしまいました。

後日、理沙が外を歩いていると、ママ友たちが理沙に向かって歩いてきますが、理沙は立ち向かい気持ちよく挨拶をしてその場を後にします。
その後のトレーニングでは腕立て伏せ20回を成功させ、4人で喜びあいます。

日が変わり、スーパーで菜美は貴子に逢い、何を企んでいるのか、自分に勝てるのかと聞かれますが、何も答えず足早に去ります。

翌日、貴子は公園でママ友といじめの会議をしますが、他のママ友から歯止めが効かなくなって、良くないことが起こる気がするからやめた方がいい、自分たちはこれ以上できないと言い、その場から2人のママが去って行きました。

公園を後にしたママ友は理沙の元へ行き、これまでのことを謝罪し仲間に入れてほしいと頼み、トレーニングに合流します。
数日後、気がつくとそこには理沙をいじめていたママ友が全員集まっていて、貴子は公園でひとりぼっちになっていました。

その夜、貴子は旦那から離婚届を差し出され、本当に出ていかれてしまいます。

翌日、理沙が機嫌よく自転車を漕いでいると事件が起こります。
貴子が待ち伏せしていて自転車をこいでいた理沙を押し倒したのです。
理沙は腕を骨折してしまいました。

しかし、理沙は、菜美たち3人に不注意で転んだと言い、トレーニングを休ませてほしいとお願いします。
しかし、菜美は骨折の原因を見抜いていて、貴子にやられたのだと言われた理沙は動揺しますが、憎しみの連鎖に巻き込まれたくない、強い心を教わったからこらえてみせると、理沙は言い張ります。

菜美は、たまには心が折れてもいいとアドバイスをすると理沙は泣きだします。

そして、理沙と貴子2人を助けると菜美は決意しました。
夜、菜美は貴子の家を訪ね、なぜ理沙を標的にしたのかと聞くと、貴子の旦那は理沙のことを優しそうで可愛らしいと言ったと言い、そのことが許せずここまできた。自分は強いから家族を守ろうとしたと訴えますが、菜美は貴子が今までで一番弱かった。自分の弱さを認め、肩の力を抜いてみんなの力を借りて生きて行けばいい。とアドバイスをしました。

後日、貴子は理沙の元へ行き、素直に謝り、2人は親友になりました。

勇輝は菜美の体が引き締まっている事、町で菜美はボクシングのインストラクターをしていたと噂になっている。と言い、黙ってたことを謝る奈美に秘密は少しくらいあったほうがいい。何度も新しいことを発見できる。と告げ、ご飯よりも先にベッドへと誘いました。

「奥様は、取り扱い注意」 見逃し視聴はこちら

「奥様は、取り扱い注意」の感想

ママ友同士のいじめとは、本当に些細なことが原因で起きるんだなと思い、これから迎える娘の幼稚園生活、気をつけなくてはと考えさせられました。

また、いじめをする人にもなんらかの理由があり、私の知っている中でも、寂しい思いをしている人も多いので、奈美のように勇気を出して親身になってあげる人が必要だと感じました。

それでも、自分の家庭がうまくいっていない、モヤモヤする、ただあの人のことが嫌い、というだけでいじめをする側に問題があることはもちろんです。

それでもそこに協力する人、自分はいじめられたくないからと仲間に入る弱い心を持った人にも十分な問題があると感じました。

強い心を手に入れた理沙。ママ友たちを驚かせ、いじめのグループを解体させることに結びついたので、喧嘩をせずに終結できて、ひと安心です。

「奥様は、取り扱い注意」4話のあらすじ

 

菜美と優里、京子は町内の豪邸に住む主婦、美佐子役星野真里が開催する読書会に参加することになりました。そこで、美佐子の息子、悠斗の可愛らしさと聡明さに刺激を受け、菜美は勇輝に子供が欲しいと相談するが、はぐらかされてしまいます。

数日後、事件は起こります。悠斗が誘拐され犯人に翌日までに1億円を支払うように要求されます。しかし、警察に通報すれば悠斗を殺すと脅迫してきました。読書会のために家を訪れた菜美は事情を聞きますが、自分たちの手だけで解決しようとする美佐子の夫、光雄役の古谷隆太さんに違和感を抱きます。

光雄がお金をかき集めていると、悠斗の家庭教師、真純役の佐野ひなこさんが美佐子の家へ訪れます。その直後、犯人からお金の受け渡しに真純が来るようにとメールが来ます。

その文面にも違和感を感じた菜美は、美佐子の家へ泊まることにしました。

翌朝、集めた7千万円で手を打ってくれるよう犯人と交渉する光雄。しかし、犯人の大学生、秀人役の柾木玲弥は悠斗に顔を見られてしまったことをきっかけに、事態は急展開します。

菜美は真犯人を捕まえて、悠斗を助けることはできるのでしょうか。そして、何より悠斗を誘拐した真の目的とはなんだったのでしょうか。

 

まとめ

 

「奥様は、取り扱い注意」3話ネタバレ(あらすじ)と感想はいかがだったでしょうか。

ママ友のいじめに対する考え方、捉え方、解決方法など改めて考えさせられたのではないでしょうか。

「奥様は、取り扱い注意」3話ネタバレ(あらすじ)と感想を改めて読んで、いじめのない社会で生きていきたいと思いながらも、いじめも自己アピールの一つなのだと思うと、その寂しさに気づいてあげれる人がいいなと感じさせられました。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。